Month: May 2017

無審査キャッシングで大変な事態に。

人はいろいろな悩みや事情をもって生きています。

『借金=悪』だという人もいますが、
もっはやそのような時代は終わり、借金をしてでも何かに投資し、
見返りや成果を上げることが普通になりつつあります。

しかし、無審査キャッシングという言葉に踊らされて利用すると
事態は大変なことになりかねません。実際にキャッシングやカードローンでは
どの様な基準であれ弁済能力を考慮した上で、利用開始となります。

貸す側は返せる額を見越しで貸すのです。
返せる能力がないとみなされれば貸しません。
一見冷たいように見えますがこれは親切です。
身を滅ぼすことはありません。

つまり、無審査キャッシングをうたっている金融機関は、怪しいパターンです。
何を言いたいかというと、非合法な高利貸しや闇金であるパターンが多いということです。

こうなると、高い利息を払いきれず延滞、雪だるま式に膨れ上がった借金は、
家族などへ取り立てなど迷惑がかかることになります。

こうならないためにも、やはり利用する金融機関は
しっかりと見極めることが重要になってきます。
おすすめなのが、やはりバンク系(銀行、信金、労金)が取り扱う商品を利用することです。

万が一の自体になった場合には、返済計画の相談なども乗ってくれるので、
周りに迷惑をかけずに解決できるようになるかもしれません。

とはいえ、しっかりと計画的に返済することが一番ですので、その点は肝に銘じておいてください。

 

書き方は銀行の担当者に聞いてみる

融資審査を受けるためには、銀行へ申込書を持って行くことで審査を受けることになります。
書き方は各銀行によって違いますので、書き方が分からなければ銀行の担当者に聞くことが何よりです。

社内に、書類の書き方について詳しい人がいればその人に聞いてみればいいでしょう。
経営に関することですので、融資の相談などは社内では担当者を絞って会議することが大切です。

そのときに気をつけることは、最短で答えを求めようとしないことです。
いくら融資を受けるのかは金利などのことは考えないといけません。

返済がいつになるのかや、今後の会社の経営はどうなるのかなどを考えていると、
最短で答えを出すよりもしっかりと考えていた方がいいでしょう。

ただし、あまり時間をかけても答えが出ないということもあります。
そんなときには期限を決めて、いつまでに答えを出すという方法で会議をすることも視野に入れておいたらいいでしょう。

いずれにしても答えを出すのが難しい問題です。